Spacenotblank

本人たち



グラフィックデザイン:趙文欣

テキスト、映像、舞台。それぞれのかたちに分けられたひとつの作品が、作品を作る本人たちの潜在と顕在を時間をかけてプリミティブに象っていく。スペースノットブランクがこれまでに探究してきたリアリズムの撹拌をさらに深化させることを目指す「コロナ禍の時代の上演」を前提とした本人たちによるプロジェクト。

小野彩加 中澤陽 スペースノットブランク
本人たち
2023年3月24日(金)- 31日(金)
STスポット
出演:古賀友樹 / 渚まな美 西井裕美
メタ出演:鈴鹿通儀 / 近藤千紘
演出:小野彩加 中澤陽
協力:STスポット
主催:スペースノットブランク

2023年3月、2020年より開始した「コロナ禍の時代の上演」を前提としたプロジェクト『本人たち』の到達点であり、通過点でもある二つの舞台の上演を行なう。第一部は、2018年初演(d-倉庫)、2019年再演(早稲田小劇場どらま館)、2021年『クローズド・サークル』と称する新しい上演形態を設定して改作(トーキョーアーツアンドスペース)を施した『共有するビヘイビア』を、古賀友樹のソロパフォーマンスとして「再改作」して上演する。第二部は、2022年に展示(ANB Tokyo)を行なった『また会いましょう』をパフォーマンスとしてアップデートし、渚まな美と西井裕美の「二人」または「一人と一人」のパフォーマンスとして上演する。両上演には生身の出演者に加え、「高次の存在」として「メタ出演」する出演者が登場する。言葉からなるテキストの存在を、多様な手法を用いて多元的な価値で上演に表そうとしてきたスペースノットブランクが、それらのテキストを「戯曲」として包括し、隔絶し、丁寧に上演する。

上演日時

🎎2023年3月24日(金)- 31日(金)🌸
2023年3月24日(金)20:00🌕
2023年3月25日(土)13:00🌗 17:00🌕
2023年3月26日(日)13:00🌗 17:00🌕
2023年3月27日(月)20:00🌕
2023年3月28日(火)15:00🌕 20:00🌕
2023年3月29日(水)20:00🌕
2023年3月30日(木)20:00🌕
2023年3月31日(金)15:00🌕
🌕=第一部+第二部 連続上演
🌗=第一部 単体上演
※受付開始、開場は開演の20分前を予定しております。
※🌕連続上演の上演時間は約95分(途中休憩有)、🌗単体上演の上演時間は約50分(途中休憩無)を想定して制作しております。確定次第情報を更新いたします。

会場
🎡STスポット🚢
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル B1F

チケット
🌊2023年2月25日(土)10:00 チケット発売予定💥

前売券 電子チケット/日時指定/全席自由/事前支払 クレジットカード決済・PayPay残高決済
🌕第一部+第二部 連続上演:🧸🧸2,900円
🌗第一部 単体上演:🧸1,450円
※一度購入されたチケットは、お客様のご都合によるキャンセル、返金、変更はお受けできません。
※車椅子席をご利用の方は、事前に必ずご連絡をお願いいたします。
※ご入場は受付順となります。
当日券 当日現金支払
🌕第一部+第二部 連続上演:💡💡4,000円
🌗第一部 単体上演:💡2,000円
※前売券の販売状況により、販売を行なわない可能性がございますので、予めご了承ください。
※当日券の方はご入場をお待ちいただく場合がございます。

🌗第一部
🖖共有するビヘイビア
出演:古賀友樹 メタ出演:鈴鹿通儀
スペースノットブランクの恒常的な舞台の作り方を観客と共有する舞台。クリエーションという行為を解釈し、パフォーマンスが組み立てられる過程を上演する。観客たちは目の前に見える舞台の上演に辿り着くまでを追体験しながら、上演される過程のパーツを想像力によって組み立て直す。ここにないはずだった創造の場、ここに明らかにある舞台と観客席つまり上演の場。それぞれの場を通過する共有が、どのような変遷を辿り、あらゆる「後」を迎えるのかを探究する。

記録① 初演:2018年1月21日(金)d-倉庫 出演:小野彩加 古賀友樹 中澤陽
記録② 再演:2019年1月18日(金)- 21日(月)早稲田小劇場どらま館 出演:小野彩加 古賀友樹 中澤陽
記録③ 改作:2021年11月19日(金)- 21日(日)トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースC 出演:古賀友樹 鈴鹿通儀
レビュー① 迷宮としてのテクスト:スペースノットブランク『クローズド・サークル』評

🌓第二部
👋また会いましょう
出演:渚まな美 西井裕美 メタ出演:近藤千紘
スペースノットブランクにとって常態化し、ツールとして確立されたコミュニケーションや対話という概念。テキストは「共有する」スタイルを保ち生成されている。対話なくしては生まれない言葉の羅列は「特別なもの」のように見えたり、聞こえたりする。舞台には言葉を喋る二人が喋りたいように喋り、それらを喋られたままに再び喋り直す二人が居る。二人は同一人物として扱われる。すると「未然の上演」がやってくる。そこで喋られる「未然の言葉」は、社会と通じてしまう可能性を含んでいる。先入観を無価値なままに引き寄せてしまう可能性もある。言葉が発せられているここに表現される環境がまるで社会そのものらしく存在できてしまうような可能性まであると錯覚する。社会と会話の新しいハブとなる場所で「また会いましょう」と触れ合いたい二人の舞台を観察する。

記録① 展示:2022年10月28日(金)- 30日(日)、11月3日(木祝)- 6日(日)ANB Tokyo 7F 声:渚まな美 西井裕美
予定① 上演:2023年3月25日(土)、26日(日)KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ かながわ短編演劇アワード 演劇コンペティション 出演:渚まな美 西井裕美

演出:小野彩加 中澤陽
音響・照明:櫻内憧海
舞台監督:河井朗
グラフィックデザイン:趙文欣
保存記録:植村朔也
制作:花井瑠奈
協力:STスポット / プリッシマ 24EP お布団 青年団 ルサンチカ 東京はるかに
助成:公益財団法人セゾン文化財団
主催・企画・製作:スペースノットブランク

🖖共有するビヘイビア 出演
古賀友樹 Yuki Koga

はじめまして、古賀友樹と申します。挨拶は大事です。昔、初めてのアルバイト先で、帰る時に「お先に失礼します」を言わなかったらめちゃくちゃ怒られました。今思えばありがたい経験です。感謝。もちろん次の日からそのバイト先には行かなくなりました。何度も鳴る電話も無視しました。甘いものを食べたら幸せです。人生。
400字程度で、と言われたので1行前でTwitterにコピペして確かめました。いつもそうしてます。でもTwitterが何文字か忘れちゃったのでGoogleで検索しました。「Twitter 何文字」140字でした。でも半角だと280入るみたいデス。ねえいまTwitterにコピペしたら赤字になるだけで何文字か表示されないんですけど? オコ!
ひとりだと上演がどう転がっていくかドキドキですが、メタ出演に鈴鹿さんがいるのでまずまず安心です。アイスクライマーでいうポポとナナってことやね。『共有するビヘイビア』おたのしみに。

撮影:新藤早代 日景明夫
俳優。1993年9月30日生まれ。プリッシマ所属。俳優として、ゆうめい『みんな』『弟兄』『巛』『あかあか』、劇団献身『幕張の憶測』『死にたい夜の外伝』『最悪な大人』、シラカン『蜜をそ削ぐ』、劇団スポーツ『すごくうるさい山』『ルースター』、かまどキッチン『燦燦SUN讃讃讃讃』、スペースノットブランク『緑のカラー』『ネイティブ』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『すべては原子で満満ちている』『氷と冬』『フィジカル・カタルシス』『ラブ・ダイアローグ・ナウ』『光の中のアリス(作:松原俊太郎)』『救世主の劇場』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』『舞台らしきモニュメント』『クローズド・サークル』『ウエア(原作:池田亮)』『ハワワ(原作:池田亮)』『再生数(作:松原俊太郎)』などの作品に参加する他、演出補として、穂の国とよはし芸術劇場PLAT 高校生と創る演劇『ミライハ(作:松原俊太郎、演出:小野彩加 中澤陽 スペースノットブランク)』に参加している。

👋また会いましょう 出演
渚まな美 Manami Nagisa

まずは、私はお二人の作品の強度と豊かさをとても信頼しており、また常に新しい表現に取り組み続けるスペースノットブランクの作品に今回参加することができて大変嬉しいです。
昨年『また会いましょう』の展示に関わった際、パーソナルで日常的なお喋りが、舞台になる瞬間、いわば上演が生まれた瞬間に立ち会ったような高揚感がありました。その展示が舞台になるということで、とてもわくわくしております。
言葉の限界を超えて、想像力の広がりと交わりに満ちた、より豊かな作品になる予感がしています。
どんな舞台になるのか、皆様の目にどんな風に映るのか、私もとても楽しみです。

撮影:保坂萌
俳優。1997年4月21日生まれ。映画美学校アクターズ・コース修了生。俳優として、映画美学校アクターズ・コース2017年度公演『S高原から(作:平田オリザ、演出:玉田真也)』、映画美学校アクターズ・コース2018年度公演『革命日記(作:平田オリザ、演出:山内健司)』、女の子には内緒『うたたね姫 リミックス』、果てとチーク『“だいじょうぶじゃない”短編集』、水中めがね∞『GOOD COW 権』、キ上の空論『ピーチの果て、ビーチのアビス、つまりはノーサイド』、スペースノットブランク『また会いましょう』などの舞台作品に参加するほか、淺雄望『ミューズは溺れない』、西山洋一『愛と嫉妬のパンデミック』、椎野公史郎『リカの部屋』、白田悠太『僕らの存在を聴け』などの映画作品に参加している。2022年、パルマ短編映画祭にて最優秀俳優賞受賞。

👋また会いましょう 出演
西井裕美 Hiromi Nishii

スペースノットブランクの作品は、関わる人それぞれの持つ個性や感性から生まれるものを融合させることで作られ、私にあたらしい世界を見せてくれます。
『また会いましょう』は、紡がれた言葉を再生・再構築することで、既に作られた関係性や意味が形を変えながら生まれ続け、完成することはありません。先の見えない人生そのもののように身を置き、そこに居る人たちと共に、その場で生まれる「何か」を体感していきたいと思います。

撮影:奥祐司
俳優。1987年3月31日生まれ。〈24EP〉代表。新国立劇場演劇研修所6期修了生。俳優として、企画室 磁場『手のひらを透かしてみれば』、らまのだ『青いプロペラ』、思考動物『私とひかりと父と母』、スペースノットブランク『ネイティブ』『原風景』『すべては原子で満満ちている』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』などの作品に参加している。2017年、第6回クォータースターコンテストにてBITE賞(24EPとして)受賞。

🖖共有するビヘイビア メタ出演
鈴鹿通儀 Michiyoshi Suzuka
俳優。1990年7月4日生まれ。中野成樹+フランケンズへの入退団を経て現在フリー。俳優として、中野成樹+フランケンズ『えんげきは今日もドラマをライブするvol.1』『カラカラ天気と五人の紳士(作:別役実)』『マザー・マザー・マザー(作:別役実)』『半七半八』、ままごと『あたらしい憲法のはなし』、劇団子供鉅人『幕末スープレックス』『マクベス』『夏の夜の夢』、ピンク・リバティ『人魚の足』『煙を抱く』、財団、江本純子『忘れていく、キャフェ』、松田正隆『シーサイドタウン』、スペースノットブランク『クローズド・サークル』『サイクル(ワークインプログレス)』『ハワワ(原作:池田亮)』『再生数(作:松原俊太郎)』などの舞台作品に参加する他、松井周の標本室「標本空間vol.2 遊び場的ワークショップ集」にて『元プロ野球私設応援団員と考える応援』ワークショップ講師を務める。
👋また会いましょう メタ出演
近藤千紘 Chihiro Kondo
ダンサー、俳優。1993年11月10日生まれ。ダンサー、俳優として、akakilike『シスターコンプレックスシンドローム』、ルサンチカ『春のめざめ(作:フランク・ヴェデキント)』『メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス(作:松本大洋)』、新聞家『白む』『屋上庭園(作:岸田國士)』『ラジオ新聞室』、女の子には内緒『光を束ねる』、スペースノットブランク『ネイティブ』『舞台らしき舞台されど舞台』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『すべては原子で満満ちている』などの作品に参加している。
音響・照明
櫻内憧海 Shomi Sakurauchi
1992年生まれ。お布団、青年団演出部所属。学生時代から都内小劇場を中心に舞台音響家として活動。2016年以降、所属劇団のお布団での公演をきっかけに照明やその他のセクションの兼任をするようになる。近年は自主企画等も行ない、演劇のフィクション/ノンフィクション性について考えながら創作活動に携わっている。
舞台監督
河井朗 Hogara Kawai
演出家。1993年生まれ。大阪府出身。京都造形芸術大学舞台芸術学科卒業。青年団演出部所属。演劇作品を発表するカンパニーとしてルサンチカを主宰するほか、演出助手や舞台監督として東京、横浜、京都を拠点に活動している。近年の主な演出作品に『GOOD WAR(原案:スタッズ・ターケル『よい戦争』)』『PIPE DREAM(原案:スタッズ・ターケル『死について!』)』『春のめざめ(作:フランク・ヴェデキント)』『メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス(作:松本大洋)』、『棒になった男(作:安部公房)』『女生徒(原作:太宰治)』など。
グラフィックデザイン
趙文欣 Zhao Wenxin
1996年生まれ、中国上海育ち。2019年来日。2021年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。2023年多摩美術大学統合デザイン大学院卒業見込み。これまでの受賞歴に「JAGDA国際学生ポスターアワード2020」グランプリ。「JAGDA国際学生ポスターアワード2021」入選。HB GALLERY「HB WORK vol.2」川名潤特別賞。第25回グラフィック「1_WALL」グランプリ。
保存記録
植村朔也 Sakuya Uemura
批評家。1998年12月22日生まれ。千葉県出身。東京大学大学院表象文化論コース修士課程所属。東京はるかに主宰。スペースノットブランクの保存記録を務める。過去の上演作品に『ぷろうざ』『えほん』がある。
制作
花井瑠奈 Luna Hanai
パフォーマー。1991年8月26日生まれ。2014年から2019年までテーマパークにてさまざまなプログラムに出演。パフォーマーとして、中村蓉『桜ノ森ノ満開ノ下デ』、新聞家『失恋』『遺影』『フードコート』、鳥公園『終わりにする、一人と一人が丘』、ひび『ひびの、A to Z』、ルサンチカ『鞄(作:安部公房)』、スペースノットブランク『ネイティブ』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『フィジカル・カタルシス』『ストリート』などの作品に参加している。
演出
小野彩加 Ayaka Ono
舞台作家。1991年12月30日生まれ。2016年から2019年まで多田淳之介率いるキラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-Fに参加。ダンサー、パフォーマーとして、黒沢美香『6:30 AM』、白神ももこ『絵のない絵本』、浅井信好/月灯りの移動劇場『はてしない物語』、大園康司 橋本規靖/かえるP『スーパースーハー』、三野新『アフターフィルム』、ピチェ・クランチェン『MI(X)G』、山崎広太『ダンス・スプリント』『ダンステレポーテーション』、山下恵実/ひとごと。『花をそだてるように、ほんとうをそだてています。』『はなれながら、そだってく。』、ClariS『ClariS 1st 武道館コンサート ~2つの仮面と失われた太陽~』『ClariS 3rd HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター ♪over the rainbow ~虹の彼方に~♬』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019にて、優秀演出家賞二席受賞。ヨコハマダンスコレクション2022 コンペティションⅠにて、若手振付家のための在日フランス大使館・ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル賞受賞。
演出
中澤陽 Akira Nakazawa
舞台作家。1992年6月4日生まれ。映像作家として、室伏鴻のアーカイブ映像の制作、中村蓉『リバーサイドホテル』『顔』などの作品に参加。パフォーマーとして、ファビアン・プリオヴィル/Fabien Prioville Dance Company『The SOMA Project』、藤田貴大『A-S』、池田亮/ゆうめい『フェス』『〆』、三野新『アフターフィルム』、額田大志/ヌトミック『ワナビーエンド』、福井裕孝『デスクトップ・シアター』、本橋龍/ウンゲツィーファ『ロイコクロリディウム』『Uber Boyz』、今野裕一郎/バストリオ『一匹のモンタージュ』、細川洋平/ほろびて『あでな//いある』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019にて、優秀演出家賞二席受賞。ヨコハマダンスコレクション2022 コンペティションⅠにて、若手振付家のための在日フランス大使館・ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル賞受賞。

第一期
5月31日
6月7日
6月14日
6月21日
6月28日

第二期
3月31日
4月1日
4月2日
4月3日
4月4日
4月5日
4月6日
4月7日
4月14日
4月21日
4月28日

paperC つくり手と7日間|本人たちが大阪に行こうとしながらも行かなくなってしまった二〇二二年一月のいくつかの現像
1月15日
1月17日
1月19日
1月21日
1月23日
1月25日 1月28日
1月30日 1月31日

第三期
6月13日
6月16日

第三期 また会いましょう
2022年10月28日(金)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年10月29日(土)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年10月30日(日)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年11月3日(木祝)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年11月4日(金)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年11月5日(土)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示
2022年11月6日(日)13:00 – 20:00 ANB Tokyo 7F 展示

第一期
荒木知佳 植村朔也 小野彩加 河井朗 古賀友樹 櫻内憧海 中澤陽 西井裕美 花井瑠奈

第二期
小野彩加 近藤千紘 中澤陽

本人たちが大阪に行こうとしながらも行かなくなってしまった二〇二二年一月のいくつかの現像
小野彩加 中澤陽

第三期
小野彩加 中澤陽 渚まな美 西井裕美

第三期 また会いましょう
ANB Open Studio vol.6
声:渚まな美 西井裕美 製作:小野彩加 中澤陽 主催:一般財団法人東京アートアクセラレーション

ステージナタリー
2020年6月8日(月) スペースノットブランク、“コロナ禍の時代の上演”前提とした「本人たち」始動
東京はるかに
2020年9月22日(火) スペースノットブランク『本人たち』:ポストコロナ演劇のサウンドスケープ

Back to Performances