Spacenotblank

お知らせ
言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要更新

〈コード・コード・コード ’19〉で制作し、2019年3月に上演する新作「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」の作品概要を更新しました。公演日時、チケット情報、そして出演者たちが公開されています。また、チケットの予約受付開始は2018年12月15日(土)を予定しております。〈下北ウェーブ2018〉に引き続き、再び下北沢に表れる新しいスペースノットブランクにご期待ください。

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|ステートメント

Dec. 10, 2018 [Mon]

お知らせ
どらま館ショーケース2019|共有するビヘイビア

スペースノットブランクが、早稲田小劇場どらま館にて2019年1月18日(金)から1月21日(月)に行なわれる〈どらま館ショーケース2019〉に参加します。2018年1月にd-倉庫にて初演を行なった「共有するビヘイビア」をリブートし、新たに上演します。ご期待ください。

2019年1月18日(金) ~ 1月21日(月)
※3団体によるショーケース公演となります。
出演団体|スペースノットブランク、関田育子、ゆうめい


早稲田小劇場どらま館|東京・早稲田

◉共有するビヘイビア|作品概要
◉どらま館ショーケース2019

Dec. 2, 2018 [Sun]

お知らせ
ダンスがみたい!新人シリーズ17|フィジカル・カタルシス

小野彩加と中澤陽が、d-倉庫にて行なわれる〈ダンスがみたい!新人シリーズ17〉に参加します。新作「フィジカル・カタルシス」を上演します。ご期待ください。

2019年1月12日(土) 19:30
※4団体によるショーケース公演となります。
出演団体|小野彩加 中澤陽、DADADA、トロリテケロリ、窓ぎわの我ら


d-倉庫|東京・日暮里

◉フィジカル・カタルシス|作品概要
◉フィジカル・カタルシス|予約フォーム
◉ダンスがみたい!新人シリーズ17

Dec. 2, 2018 [Sun]

お知らせ
高松アーティスト・イン・レジデンス2018|作品制作体験ワークショップ ※終了しました。

※終了しました。

スペースノットブランクによる作品制作体験ワークショップ
「記録と記憶の風景を共有してひとつの作品を作る」

スペースノットブランクが高松に滞在しながら作る新作「原風景」では、市内全域を巡り、様々な人々から思い入れのある写真を集めて、その写真が撮影された場所の記憶について聞き取りをしています。このワークショップでは、集まった皆様の思い入れのある写真、もし写真がなくてもどこか思い入れのある場所、の話を共有しながら、それを目に見える形に変えていきます。そして、集まった皆様でひとつの作品を作ります。作品は成果発表展で他の作品と合わせて展示予定です。ぜひこの機会に、芸術の種があらゆる場所に落ちていることを一緒に実感しましょう。

◉高松アーティスト・イン・レジデンス2018|原風景

※終了しました。
12月2日(日) 13:00 ~ 16:00|※無料・要電話 or メール申込
会場|高松市美術館 講座室2
定員|20名程度|※年齢・経験不問
必要なもの|筆記用具、思い入れのある写真(現像されているものでも、携帯電話などに入っているデータでも可、他参加者の方に見せてよいもの)
お申し込み|電話またはメールでお申し込みください。

電話でのお申し込み
高松市 文化芸術振興課
電話番号|087-839-2636(平日8:30-17:15)|※土日祝はメールのみ対応

メールでのお申し込み
スペースノットブランク
メール|spacenotblank@gmail.com
※メールでのお申し込みは、お名前とご連絡先を明記のうえ、ご連絡ください。こちらからの返信をもってお申し込み完了となりますので、必ず上記メールアドレスからのメールを受信できるようにご設定ください。

◉原風景|作品概要
◉原風景|ステートメント

Nov. 21, 2018 [Wed]

お知らせ
高松アーティスト・イン・レジデンス2018|原風景

高松アーティスト・イン・レジデンス2018にて49日間、高松に滞在しながら市内全域を巡り制作される「原風景」の作品概要を公開しました。新しいスペースノットブランクにご期待ください。

絵|西井裕美

◉原風景|作品概要
◉原風景|ステートメント

Nov. 14, 2018 [Wed]

お知らせ
コード・コード・コード ’19|言葉だけでは満ちたりぬ舞台

〈コード・コード・コード ’19〉で制作し、2019年3月に上演する新作「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」の公演情報を一部公開しました。今後の情報にご期待ください。

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|ステートメント

Oct. 24, 2018 [Wed]

お知らせ
コード・コード・コード ’19|無料体験ワークショップ ※終了しました。

※終了しました。

第29回下北沢演劇祭が主催する一般参加型企画、新進気鋭の若手アーティストと創る舞台芸術〈コード・コード・コード ’19〉の募集にあたり、無料体験ワークショップを開催いたします。
演劇でもダンスでもない新しい舞台芸術を目指す本企画では、実際にどんなことをするのか? 想像がつかないけどやってみたい。体験して実際に応募するか決めたい。なんとなくカラダを動かしてみたい。スペースノットブランクの制作を覗いてみたい。そんな方々に向けて、スペースノットブランクの小野彩加と中澤陽がワークショップを担当します。

◉コード・コード・コード ’19|出演者募集【2018年10月31日(水)締切】 ※応募受付は終了しました。

日程:
2018年9月23日(日) 13:00-15:00 (スペースノットブランク+古賀友樹+近藤千紘+山下恵)
2018年10月18日(木) 19:00-21:00 (スペースノットブランク+古賀友樹)

会場:下北沢駅 周辺施設(詳細は後日参加者の方にご連絡いたします)

参加費:無料

服装・持ち物:動きやすい格好(ジャージなど)、飲み物

申し込み:電話またはメールでお申し込みください。
※応募者多数の場合、各回先着20名様となりますのでご了承ください

電話でのお申し込み
第29回下北沢演劇祭実行委員会事務局(本多劇場内)
電話番号:03-3468-0030(11:00-19:00)
「コード・無料体験ワークショップ希望」と仰って下さい。

メールでのお申し込み
第29回下北沢演劇祭実行委員会事務局(本多劇場内)
メール:info@shimokita-stf.com
・件名「コード・ワークショップ希望」として下さい
・お名前、電話番号、希望の日程を明記下さい

備考:
・演劇創作プログラムへ応募中の方も、無料体験ワークショップにご参加いただけます
・無料体験ワークショップへの参加は、選考には一切影響いたしません

◉第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19|無料体験ワークショップ ※終了しました。
◉第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19|出演者募集【2018年10月31日(水)締切】 ※応募受付は終了しました。

Sep. 18, 2018 [Tue]

お知らせ
コード・コード・コード ’19|出演者募集 ※応募受付は終了しました。

※応募受付は終了しました。

下北沢演劇祭が長年開催してきた、一般参加型企画の新たなプログラムとして〈コード・コード・コード〉が新設され、スペースノットブランクは経験や年齢などを問わないさまざまなメンバーと共に2019年2月、3月の上演へ向けて新しい舞台作品を作ります。

3つのコードは、「参加者・アーティスト・下北沢」を表します。
コード / code には「遺伝」と「記号」の2つの意味があります。人や土地には、これまで蓄積されてきた経験や歴史が「遺伝」的コードとして存在します。それらを身体の動きに手繰り寄せ、「記号」的な表現としてアウトプットします。
難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。あなたの身体に素直になった時、自然と出てくるものがあなたのコードです。参加者どうしのコードを、アーティストのコードを、下北沢のコードを互いに感じながら自由な表現を楽しみましょう。その先には、美しくカタルシスに満ちた舞台芸術が作品となって現れてくるはずです。

2018年9月23日(日)と10月18日(木)に無料体験ワークショップを開催します。実際にどんなことをするか応募の参考にぜひご参加ください。
◉コード・コード・コード ’19|無料体験ワークショップ
※終了しました。

作品概要
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要

募集内容
本プログラムの出演者20名程度を募集いたします。
応募数に関わらず選考がございますので予めご了承ください。

参加資格
◎演劇やダンス等の経験を問いません
※アマチュアの方もプロの方も歓迎いたしますが、応募者多数の場合はアマチュアの方の参加人数を全体の5割以上と設定させていただきます
◎性別、年齢、国籍を問いません
※未成年の方は保護者の参加同意書が必要となります
◎ワークショップ、制作、本番日程に参加できる方
※ライフスタイルにあわせての参加が可能ですのでご相談下さい
◎身体に障がいのある方もご応募いただけます
※本番や創作環境を事前にご説明させていただきますので、応募前にお問い合わせ下さい
◎世田谷区民を優先いたしますが、それ以外の方もご応募いただけます
※参加費は無料で、出演による謝礼の支払い等はございません

選考日程
◎書類選考|2018年11月7日(水)までに通知いたします。

◎一次選考|
書類選考通過者は、いずれかの1コマにご参加いただきます。
2018年11月15日(木) A・14:00-15:30、B・19:30-21:00
2018年11月16日(金) C・19:30-21:00
2018年11月17日(土) D・14:00-15:30、E・19:30-21:00

結果は一次選考の全日程終了後に通知いたします。

◎二次選考|
一次選考通過者は、いずれかの1コマにご参加いただきます。
2018年11月18日(日) 13:30-15:30、18:00-20:00
結果は11月中に通知いたします。

※場所は下北沢駅周辺となります。通知の際にお知らせいたします。

公演概要
◎日程|2019年2月26日(火) – 3月3日(日) 仕込・本番
◎会場|北沢タウンホール
※お客様から入場料をいただく有料公演を予定しています

創作概要
◎第一回ワークショップ|2018年12月14日(金)、12月15日(土)、12月16日(日)(13:00-18:00予定)
◎第二回ワークショップ|2019年1月25日(金)、1月26日(土)(13:00-18:00予定)
◎制作日程|2月1日(金) – 2月25日(月)(平日土日混合・週5日程度/午後〜夜にかけて)
※ライフスタイルにあわせての参加が可能ですのでご相談下さい
◎会場|下北沢駅周辺の施設

応募方法
下記の必要事項を、メールまたは郵送でお送りください。
①お名前(ふりがな) ②性別 ③生年月日
④住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス
⑦制作期間(2019年2月1日(金) – 2月25日(月))で、参加が難しい曜日や時間をお書き下さい
⑧1次選考の日時を、第3希望までアルファベットでお書き下さい
⑨自己紹介(演劇等の経験や所属があれば併せてお書き下さい)
⑩応募動機(400字以内)

◎応募締切|【2018年10月31日(水)必着】
※応募受付は終了しました。

応募・問い合わせ先
メールでのご応募の場合は、件名「コード応募」としてください
◎メール|info@shimokita-stf.com

郵送の場合は「コード担当者」宛としてください
第29回下北沢演劇祭実行委員会事務局
〒155-0031 東京都世田谷区北沢 2-10-15 本多劇場内「コード担当者」宛


電話番号:03-3468-0030(11:00-19:00)
◎メール|info@shimokita-stf.com
(担当:半澤、篠塚)

お送りいただいた情報は〈コード・コード・コード ’19〉の選考・連絡のみに使用させていただきます

◉第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19|出演者募集【2018年10月31日(水)締切】 ※応募受付は終了しました。
◉第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19|無料体験ワークショップ ※終了しました。

Sep. 18, 2018 [Tue]

お知らせ
現代日本演劇のダイナミズム

スペースノットブランクが、早稲田大学演劇博物館にて、2018年9月29日(土)から2019年1月20日(日)まで行なわれる、早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度秋季企画展〈現代日本演劇のダイナミズム〉に、出展しています。

展覧会について
近年、ますます多様な展開を見せる現代日本演劇。本展では90年代以降を中心に、その広がりとつながりを提示します。創り手たちはどこから来てどこへ向かうのか。そこではどのような問題意識が共有されているのか。チラシやポスター、小道具などの関連資料に加えて舞台映像も豊富に展示。演劇博物館から「劇場」へ。矢印の先は未知の演劇へとつながっています。

◉現代日本演劇のダイナミズム

Sep. 17, 2018 [Mon]

お知らせ
RAFTパフォーマンスフェスティバル オールとコンパス RAFT小景ス 二〇一八|デーモン・ネーション

スペースノットブランクがRAFTにて2018年10月26日(金)、10月27日(土)に行なわれる〈RAFTパフォーマンスフェスティバル オールとコンパス RAFT小景ス 二〇一八〉に参加します。2016年12月に同じくRAFTにて初演を行なった「デーモン・ネーション」をリブートし、10分間の作品として上演します。

◉デーモン・ネーション
◉RAFTパフォーマンスフェスティバル オールとコンパス RAFT小景ス 二〇一八

Sep. 14, 2018 [Fri]