Spacenotblank

Original Landscape

原風景

絵|西井裕美

高松アーティスト・イン・レジデンス2018にて49日間、高松に滞在しながら市内全域を巡り制作される「原風景」は、他者の記録である写真と、その写真が内に包む記憶を基に、現前と表現を描きます。写真という瞬間の芸術を言葉という時間の芸術と共に並べ、写真たちと言葉たちの境界を観客たちが往来する。そしてその空間に表れる舞台という体感の芸術は、写真も言葉も、無数の視線が交わる交差点となります。交差点で交わった作者たちと観客たちが見えない未来の原風景へ流れ出る、巡行と逆行を繰り返す新しいスペースノットブランクを作ります。

◉原風景|ステートメント

◉高松アーティスト・イン・レジデンス
高松市内にある資源(空き屋、廃校、商店街の空き店舗等)を活用し、アーティストが、一定期間滞在しながら作品制作を行うことで、地域との協働を創出し、地域に賑わいをもたらすことを目的とする、2015年にスタートした高松市の事業です。

スペースノットブランク
高松アーティスト・イン・レジデンス2018|成果発表展
「原風景」
2018年12月18日(火) ~ 12月22日(土)

展示|9:30 ~ 17:00|※但し22日(土)は14:00終了
上演|12月20日(木) 18:30
   12月21日(金) 18:30
   12月22日(土) 15:30
   ※開場は開演の30分前 ※予約不要 ※上演時間は約60分予定

オープニング・アーティストトーク
12月18日(火) 16:00から約30分予定|※無料、申込不要
会場|高松市美術館 講堂
出演|小野彩加、中澤陽、西井裕美

ポストパフォーマンストーク
12月20日(木) 18:30からの上演終了後から約20分予定|※無料、申込不要
会場|高松市美術館 講堂
出演|小野彩加、中澤陽、西井裕美

◉高松市美術館 講堂
〒760-0027 香川県高松市紺屋町10-4 ☎︎087-823-1711

入場無料
※上演のみの場合も予約不要、当日開場時間(開演の30分前)にご来場ください。

◉スペースノットブランク
小野彩加と中澤陽が舞台作品を制作する組織として2012年に設立。東京を拠点として舞台作品の制作を中心に活動を展開。舞台芸術の既成概念に捉われず新しい表現思考や制作手法を取り入れながら舞台芸術の在り方と価値を探究している。環境や人との関わり合いと自然なコミュニケーションを基に作品は形成され、作品ごとに異なるアーティストとのコラボレーションを積極的に行っている。2017年〈第8回せんがわ劇場演劇コンクール〉にてグランプリ受賞。2018年〈下北ウェーブ2018〉及び〈高松アーティスト・イン・レジデンス2018〉に選出。

作者たち


☝︎小野彩加 おの・あやか
1991年12月30日生まれ。舞台作家、ダンサー。2016年より浅井信好率いる〈月灯りの移動劇場〉、多田淳之介率いる〈キラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-F〉に参加。ダンサー、パフォーマーとして白神ももこ「絵のない絵本」、黒沢美香「6:30 AM」、ドドド・モリ「火星婦」、かえるP「スーパースーハー」、ピチェ・クランチェン「MI(X)G」などの作品に参加している。


☝︎中澤陽 なかざわ・あきら
1992年6月4日生まれ。舞台作家、パフォーマー。映像作家として室伏鴻のアーカイブ映像の制作、中村蓉「リバーサイドホテル」「顔」、冨士山アネット「Attack On Dance」「DANCE HOLE」などの作品に参加。パフォーマーとしてファビアン・プリオヴィル「THE SOMA PROJECT」、藤田貴大「A-S」、ゆうめい「フェス」「〆」、ヌトミック「ワナビーエンド」などの作品に参加している。


☝︎西井裕美 にしい・ひろみ
1987年3月31日生まれ。俳優。新国立劇場演劇研修所6期修了生。〈24EP〉代表。これまでに俳優として、企画室 磁場「手のひらを透かしてみれば」、らまのだ「青いプロペラ」、思考動物「私とひかりと父と母」、スペースノットブランク「ネイティブ」などの作品に参加している。

出演 西井裕美
演出 小野彩加 中澤陽
協力 24EP パナソニック映像株式会社
製作 スペースノットブランク
主催 高松市

Back to Performances