Spacenotblank

ウエア/ハワワ|古賀友樹と鈴鹿通儀:出演者インタビュー


『ウエア』『ハワワ』出演
古賀友樹 こが・ゆうき
俳優。1993年9月30日生まれ。〈プリッシマ〉所属。俳優として、ゆうめい『みんな』『弟兄』『巛』、劇団献身『最悪な大人』『幕張の憶測』『死にたい夜の外伝』、シラカン『蜜をそ削ぐ』、劇団スポーツ『すごくうるさい山』『ルースター』、スペースノットブランク『緑のカラー』『ネイティブ』『舞台らしき舞台されど舞台』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『すべては原子で満満ちている』『氷と冬』『本人たち』『フィジカル・カタルシス』『ラブ・ダイアローグ・ナウ』『光の中のアリス(作:松原俊太郎)』『救世主の劇場』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』『舞台らしきモニュメント』『クローズド・サークル』などの作品に参加している。

────クリエーションの中で印象に残っていること
印象に残っていることって、ある種のショックが伴うものだと思うんです。そういう意味では、今回まだ衝撃を受けておりません。大須さんと奈良さんは舞台らしきモニュメントで、鈴鹿さんはクローズド・サークルで、とても驚かせていただきました。あ、でも、これ勝手に共演者のことに絞って書いてたんですけど、共演者についてという項目が後にありますね。じゃあ、えっと、その分(その分ってなに?)、原作はドカンとなりました。うわああああって感じで、『ウエア』『ハワワ』原作二つ読むと(ハワワには映像も使われているのでプラス観る・聴くも含まれますね)、謎の喪失感がありました。カタルシスではなくて喪失感。歯の被せ物が取れちゃったみたいな。昔ブラックモンブランを食べてて、やたら固いチョコがあるなと思ったら自分の乳歯でした〜的なチクショー! 案件がありましたが、それかもです。

────クリエーションの中でご自身が取り組んでいること
実際は全くと言っていいほど何もないのですが、強いて言うなら、素直に物事に取り組むってことです、かね。

────共演者について
みなさん優しいです! おもしろいです! あと、それぞれがそれぞれでこだわりも強いと勝手に思ってます。期間が短いことに感けて、あまり共演者の方々に目を向けてないかもです、すみません。

────『ウエア』『ハワワ』とは
いいタイトルだと思います。覚えやすいし、想像を膨らませやすい。声に出して言いたい族の出身。

────上演について予想すること
冬だからまあ寒いと思うんですけど、舞台側は動きまくって暑い、客席側は動かないから寒い、じゃあどうする? というバトルが勃発すると思います。いや、上演について予想することっていうQ、ムズすぎません!? ぜんぜんわかりませんよ、お客さんが本当に来るかもわからなければ、僕が本当にその日に舞台に立ってるかほんっとうにわからないですからね? 意地悪すぎますこの質問。じゃああれか、はい、当日の演出でアゴラの天井飛んでってなくなりまーーーーす。YES YES YES!! 正解はこれか?

────上演をより楽しむためのコツ
いくら楽しみにしていてもお口に合わないことは多々ありますので、暗転(舞台全体が真っ暗になること)する回数を予め予想したり、役者さんが言った台詞で韻が踏めるワードを探したりとか、そういうのは各々でイケると強いですよね。

────『ウエア』と『ハワワ』、両作品に出演することについて
これはピンチではなくチャンスです。今のところピンチ続きですが、頑張ります。それしか言うことありません。あと、『ウエア』は新宿眼科画廊スペース地下での上演を観た人がもう一度観に来るかもしれないので、その記憶に負けないように頑張ります。とても良い、かっこいい作品だったので。『ハワワ』はみんなが初見状態なので、特にないですね。いつも通りでやるべきことをやります。橋渡しを〜的なコメントも考えられますが逆張り。ソフトよりもハードでしょ。

────観客の皆様に向けたメッセージ
新年あけましておめでとうございます。せっかくなので一所懸命頑張ろうと思います。新年にふさわしい、縁起の良い演技をお楽しみに。(これは不正解かもしれません)(でもいいんです)(こういうのは2021に置いていきますから)(#みたいな使い方しちゃってすみません)(#ハッシュタグ)



『ハワワ』出演
鈴鹿通儀 すずか・みちよし
俳優。1990年7月4日生まれ。〈中野成樹+フランケンズ〉への入退団を経て現在フリー。俳優として、中野成樹+フランケンズ『えんげきは今日もドラマをライブするvol.1』『カラカラ天気と五人の紳士(作:別役実)』『マザー・マザー・マザー(作:別役実)』『半七半八』、ままごと『あたらしい憲法のはなし』、劇団子供鉅人『幕末スープレックス』『マクベス』『夏の夜の夢』、ピンク・リバティ『人魚の足』『煙を抱く』、財団、江本純子『忘れていく、キャフェ』、松田正隆『シーサイドタウン』、スペースノットブランク『クローズド・サークル』などの作品に参加している。目下の趣味はバックギャモン。

────クリエーションの中で印象に残っていること
僕がこれまで加わってきた稽古の多くは飛行機の離陸の感が強かったのですが、スペースノットブランクの創作では、いま自分が本番に対してどの地点にいるのかわかりません。宇宙遊泳をしています。ありていに言えば常に本番状態です。この質問のワードでも”稽古(本番に対置されるもの)”ではなく”クリエーション”が使われているのが象徴的ですね。

────クリエーションの中でご自身が取り組んでいること
宇宙遊泳をするのは初めてなのですが、羽ばたくための助走はノーセンキューということだと理解しています。助走は用法をあやまると「いまこれは助走なので! トップスピードはもっと出るんです!」という言い訳の温床になりがちです。とにかく表現に対して意志を持って泳ぐ・浮かぶ・漂う。責任を取ろうとしています。

────共演者について
ポケモンにほのおタイプやくさタイプ・ゴーストタイプなどの属性があるように、俳優にもそれがあるとすれば四者四様、かなり違っているように思います。みずタイプとこおりタイプは複合したり覚える技の重なりがあったりするんですが、そのような近しさはあまりなく、かなり違っているように思います。

────『ハワワ』とは
宇宙のはなしです。

────上演について予想すること
銀河を漂う融通無碍・ニュー鈴鹿が誕生しているかもしれない。

────上演をより楽しむためのコツ
数回の観劇と前作への出演を経て確信しましたが、手に取れる形の筋書きを追ってもそんなものはないので、ウェルメイドな作劇←→観劇からここでは一緒に解脱しましょう。

────『クローズド・サークル』への参加を経て、今回の上演に向けて
小野氏と中澤氏からなるスペースノットブランクとの創作の日々、前回も今回もかなりスパイスが効いています。そうありたくないとは思いつつもどうしても固着する自身の演劇観がピンピン刺激されています。今回もがんばるぞの気持ち。

────観客の皆様に向けたメッセージ
最近盆栽がかなりホットなので、詳しい方がいらっしゃったらご連絡ください。


ウエア|作品概要
ハワワ|作品概要

Back to Messages