Spacenotblank

ウエア/ハワワ|荒木知佳と大須みづほ:出演者インタビュー


『ウエア』出演
荒木知佳 あらき・ちか
俳優。1995年7月18日生まれ。俳優として、FUKAIPRODUCE羽衣『愛死に』、歌舞伎女子大学『新版歌祭文に関する考察』、毛皮族『Gardenでは目を閉じて』、theater apartment complex libido:『libido: 青い鳥(作:モーリス・メーテルリンク)』、スペースノットブランク『緑のカラー』『ラブ・ダイアローグ・ナウ』『舞台らしき舞台されど舞台』『すべては原子で満満ちている』『ウエア(原作:池田亮)』『本人たち』『フィジカル・カタルシス』『光の中のアリス(作:松原俊太郎)』『バランス』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』などの舞台作品に参加する他、本日休演『天使の沈黙』MV、『春原さんのうた(監督:杉田協士)』などの映像、映画作品に参加している。2021年、KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD 2020にてベストダンサー賞受賞。同年、マルセイユ国際映画祭(FID)にて俳優賞受賞。

────クリエーションの中で印象に残っていること
みんなでケーキを食べたこと。稽古場の近くに美味しいケーキ屋さんがあって、そこのケーキを彩加さんと中澤さんが買ってきてくれて、みんなで食べました。美味しかった。三つも食べました。ピスタチオのケーキには金箔がのっていました。古賀くん、彩加さん、中澤さん、三年前から一緒にクリエーションをし続けているメンバーなので、稽古場に来ると帰ってきた気持ちになります。居心地のいい場所です。

────クリエーションの中でご自身が取り組んでいること
セリフと身体のあり方を探ること、自分の気持ちいい呼吸の仕方をみつけること、美味しいご飯を食べて、よく眠って、体力をつけること。あとは楽しむ。

────共演者について
古賀くん。パンケーキが好きらしい。毎日セブンのコーヒーを飲んでいるイメージ。ジャンプ力がすごい。髪の毛の色がコロコロ変わるのが面白い。ボードゲームマスター。

────『ウエア』とは
私、顎の手術をして、術後パンパンに腫れた自分の顔を見たとき、「あれ?え、誰?これ私!?」って思った時の感覚が忘れられなくて。自分の外と内が別々になるような感覚でした。『ウエア』はずっとその感覚があるなーと思います。

────上演について予想すること
演出の二人が、美術が増えるかもと言っていたので、前回の『ウエア』の無機質な地下のイメージとはまた違う印象になるのかなと思います。でも、ほんとうのことはまだわかりません。寒い時期なので、暖かい作品になるといいな。

────上演をより楽しむためのコツ
できるだけ近くで観るのが楽しいかもしれません。俳優の内側まで入り込むような気持ちで観てみてください。逆にとっても遠くから薄目で観るのもいいかもしれません。

────2020年3月の『ウエア』初演を経て、今回の上演に向けて
前回の『ウエア』に出ていたメンバーの存在も感じながら、また新たな『ウエア』を作っていけたらと思います。

────観客の皆様に向けたメッセージ
観客の皆様と一緒に『ウエア』『ハワワ』の世界をつくりあげていけたら嬉しいです。どんな作品になるのかは、始まるまでまだ分かりませんが、楽しんでいただけるようこれからのクリエーションも頑張っていきます! よろしくお願い致します。



『ハワワ』出演
大須みづほ おおす・みづほ
俳優。1992年2月7日生まれ。岐阜県出身。大学で遺伝子工学を学ぶ。俳優として、オフィス3○○『夜の影─優しい怪談─』、中野坂上デーモンズの憂鬱『三月の家族。』、東京にこにこちゃん『さよならbye-bye、バイプレイヤー』、スペースノットブランク『舞台らしきモニュメント』などの舞台作品に参加する他、鬼龍院翔『Love Days』MV、『私とわたし(監督:佃尚能)』、『恋愛依存症の女(監督:木村聡志)』、『1人のダンス(監督:安楽涼)』、『宮田バスターズ(株)(監督:坂田敦哉)』、『春原さんのうた(監督:杉田協士)』などの映像、映画作品に参加している。

────クリエーションの中で印象に残っていること
演出のお二人の雰囲気がだいぶ分かってきました。中澤陽さんが早口でよく喋って、小野彩加さんが、たまにドスンと発言します。私はたぶん短気なので、自分は〇〇してるつもりなのに、演出の方に〇〇してくださいと言われると、ムッとしてしまう時がありますが、それでもお構いなく色々言ってくれます。あはは。俳優独特のプライド? というか負けん気? に、無頓着なのかなぁと勝手に想像。わたしだって好きでこんなプライド持ってるわけじゃないですけどね! プン! もっと謙虚になりたいやぁ。うーん? いやぁ〜! うれしいんですとっても。出会ったことないタイプのお二人ですので。お二人の内面は、まだまだ分からなくて研究中、挑戦中です。なかなか一対一で話す機会もないのでみんなミステリアス。

────クリエーションの中でご自身が取り組んでいること
自分が納得できる可能な動きを常に探しています。なかなか見つかりません。でも、それ良い! と言われたら自分でもちょっとずつ納得できるような感じです。

────共演者について
みんな普通であり、でも少しだけスパイスが効いてる感じで素敵です。古賀友樹さん。白い若竹。なんか発光してる。時にステンレスの塔。一年に一度はお会いしたいですね。鈴鹿通儀さん。目の奥が、ずっと続いてそう。鈴鹿さんの目を通って別の世界へ行けそう。小動物のような繊細な心。奈良悠加さん。半分動物…? 目がお尻についてそう。なぜそんなにも純粋に動けるのだろう。夢の世界の住人なのか…。

────『ハワワ』とは
初めてタイトルを見た時の想像とはぜんぜん違う内容の原作でした。かっこよくハワワというつもりだったけど、それだけでは済まなそうだ…! 恥ずかしさも、辛さも、苦しさも必要そうだ…!

────上演について予想すること
奈良さんは、汗をかいている。古賀さんは、沢山話している。鈴鹿さんは、立ち尽くす。私は、座るまたは寝転ぶ。と予想します!! テキトーです。予想と逆になってもそれはそれで良い!!

────上演をより楽しむためのコツ
ご自身で面白さを探してみてほしい〜! です! 例えばわたしは、今までみたスペースノットブランクは、どれも内容とかは言葉にできない、というかほとんど分からない…のだけど、ある出演者の汗、とか。ある出演者の顔、とか。ある出演者のある動き。をみてるだけで楽しかったり興奮したりしました。あ、でもこれ自分で言っちゃうと自分をみたら面白いみたいな感じになっちゃいますが、そうじゃないです!笑 お気に入りの部分を見つけるのは楽しいですよね! って話しです。具体的にはなんかむずかしいなぁ〜。私自身ドキドキですよ。

────『舞台らしきモニュメント』への参加を経て、今回の上演に向けて
YouTubeに上がっている『舞台らしきモニュメント』の映像をみて、ほっと一安心。みんな最高でしたわ。そこにしかない匂いの透明な微風が吹いている空間生まれてましたね。大丈夫だ。舞台らしき舞台で舞台の謎を教えてもらった気がします。それにしても、いやぁ〜スペノと映像の相性が想像以上に良いですね! びっくり。また映像撮って欲しいです。わわわ。日景明夫さんの撮影すばらしいです。古賀さん奈良さん、今回もよろしくお願いします。鈴鹿さん、どうぞよろしくお願いします。

────観客の皆様に向けたメッセージ
こんにちは! 劇場に来て頂き本当にありがとうございます。面白い・つまらないって何だろー!! 見てくれたお客様に、「わかんなかったわ〜」「難解だったわ〜」って言われたとき、どう答え、どう受け取るのがナイスなのか未だによく分かりません。面白いって言われたら嬉しいから、面白さを目指したいんですけど、面白いって、内容を理解できてこそ! ってのと、ぜんぶ理解できなくても面白い! ってのとなんかありますよね。ストーリーが分からなくても面白いときの理解をなんて伝えていいのかわからない。逆にストーリーが分かりやすいときの面白さってどう説明したらいいのかな? 謎解きができた感覚? 納得感? 満足感? あ! ストーリーが分かりやすいと先を想像しながら進んでいって、その想像が裏切られて面白い展開なことになったら面白いのか! ストーリーが分からないと、先を想像すらできないから予想を裏切るとかがなくて、面白くないというか何だこれみたいなことになっちゃうことがあるのか! と今書きながら思った。じゃあやっぱストーリー分かんないとダメじゃん! えー、どうしよう。いや、ちがうんだー! 誰かスペノの面白さを伝えて…! なぜ私がスペースノットブランクに惹かれているのか教えて…!


ウエア|作品概要
ハワワ|作品概要

Back to Messages