Spacenotblank

ささやかなさ

ささやかなさ、は松原俊太郎が戯曲を書き、小野彩加と中澤陽が演出をし、古賀友樹と西井裕美が出演する舞台作品です。

人間と人間を目の前にして、言葉の集会所に集まるように舞台を作り、しかしわたしたちは漂うだけかもしれないというささやかさを描きます。すべての舞台の価値を探究するスペースノットブランクが、台詞によって制御された現代の人間と人間の境界線の存在を受容し、反発し、舞台に表します。

スペースノットブランクが高松アーティスト・イン・レジデンス2018で訪れた香川県高松市のMOTIFで上演します。

◉ささやかなさ|ステートメント

上演記録

MOTIF|かがわ文化芸術祭2019参加公演
2019年10月24日(木) 19:00|MOTIF|高松
2019年10月25日(金) 19:00|MOTIF|高松
2019年10月26日(土) 14:00|MOTIF|高松
2019年10月26日(土) 19:00|MOTIF|高松
2019年10月27日(日) 14:00|MOTIF|高松

MOTIF|かがわ文化芸術祭2019参加公演

MOTIF|かがわ文化芸術祭2019参加公演
出演: 古賀友樹、西井裕美
作: 松原俊太郎
演出: 小野彩加、中澤陽
デザイン: 松田泰典
協力: プリッシマ、24EP、株式会社 広真、FooDoo’s
主催、企画、製作: スペースノットブランク
共催: MOTIF
助成: 公益財団法人セゾン文化財団
後援: 高松市

MOTIF|かがわ文化芸術祭2019参加公演
◉ステージナタリー|スペノ×松原俊太郎がコラボ、“漂うだけかもしれないというささやかさ”描く
◉ステージナタリー|スペノ×松原俊太郎が描く“ささやかなさ”「考えても考えても思惑は思惑のまま」

Back to Performances