Spacenotblank

氷と冬

現代に於ける(主に人と人による)精神的な冷戦状態を舞台芸術として表した作品を制作する。それは「社会」や「国家」という広義なまとまりの中だけではなく、個人間で起こっているものとしての冷戦(あるいはただ冷たいだけの)状態について、である。物語や関係は個々の言語を用いて想像されるものと仮定して、作者たちは「状態」を制作し、関わり合いによって起きる「現象」を描く。登場する生物たちは固有の抑止力を持っていて、それが何なのか互いに知る術がないところからはじまり、場合によっては(日常と同じく)終わりまで何も起きない。仕組みを新しく作り出すことも見据えてこの「冷たい舞台」を制作し実演する。

かながわ短編演劇アワード2020 演劇コンペティション
2020年3月20日[金祝] – 22日[日]
2020年3月20日[金祝] 16:00 Aブロック
2020年3月21日[土] 13:00 Bブロック
2020年3月22日[日] 12:00 Bブロック / 16:00 Aブロック / 18:30 公開審査会・表彰式

上演団体
▼Aブロック
安住の地、架空畳、ジョン・スミスと探る演劇、モメラス
▼Bブロック
神奈川大学附属高等学校演劇部(22世紀飛翔枠)、くによし組、シラカン、スペースノットブランク

審査委員
岩渕貞哉、岡田利規、笠松泰洋、スズキ拓朗、徳永京子、林香菜(五十音順)

◉KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
〠231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281 ☎︎045-633-6500
▶︎電車:みなとみらい線「日本大通り駅」3番出入口より徒歩5分、みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出入口より徒歩8分、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩14分、JR根岸線「関内駅」または「石川町駅」より徒歩14分
▶︎バス:市営バス「芸術劇場・NHK前」下車すぐ
▶︎車:首都高速横羽線「山下町」出口、首都高速横羽線「横浜公園」出口、首都高速狩場線湾岸線「新山下」出口

1公演当たり
大人:1,000円
高校生以下:500円
※3月22日[日]の公開審査会・表彰式は入場無料、先着順
※1月29日[水]からチケット発売。詳細は以下ウェブサイトにて。

かながわ短編演劇アワード2020 ウェブサイト

▼出演

古賀友樹 こが・ゆうき
俳優。1993年9月30日生まれ。〈プリッシマ〉所属。俳優として、ゆうめい『みんな』『弟兄』『巛』、劇団献身『最悪な大人』『幕張の憶測』『死にたい夜の外伝』、スペースノットブランク『緑のカラー』『舞台らしき舞台されど舞台』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『すべては原子で満満ちている』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』などの作品に参加している。

▼出演

櫻井麻樹 さくらい・まき
俳優、演出家、パフォーマー。1979年1月11日生まれ。俳優、パフォーマーとして、燐光群『カウラの班長会議 side A』、ダヴィデ・ドーロ『The Secret Story』、ジュリー・アン・スタンザック『思いを馳せる月』、プマシ国際演劇舞台芸術フェスティバル『Come, Hold My Hand』、小池博史ブリッジプロジェクト『Fools on the Hill』、スペースノットブランク『ウエア』など国内外の作品に参加する他、NHK『龍馬伝』『つばさ』、EX『臨場』などの映像作品にも参加している。

▼出演

瀧腰教寛 たきごし・たかひろ
俳優。1985年2月23日生まれ。石川県七尾市出身。2007年から2018年まで〈重力/Note〉に参加。俳優として、新聞家『失恋』『フードコート』、山本伊等『配置された落下』、スペースノットブランク『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『フィジカル・カタルシス』『すべては原子で満満ちている』『ウエア』などの作品に参加している。

▼出演

深澤しほ ふかさわ・しほ
俳優。1990年生まれ。映画美学校アクターズ・コース第5期修了。2018年より額田大志主宰の〈ヌトミック〉に所属し、以降のすべての作品に出演。俳優として、ゆうめい『巛』、玉田企画『かえるバード』、ニカサン『うまく落ちる練習』、ひとり多ずもう『蒼く戦ぐ』(演出:福名理穂、監修:松井周)、スペースノットブランク『ウエア』などの作品に参加する他、心理学実験の現場(中村航洋ほか『形態測定学的アプローチによる表情表出の時空間的パターン解析』)で俳優の視点からアドバイザーとしても活動している。

▼演出

小野彩加 おの・あやか
舞台作家、ダンサー。1991年12月30日生まれ。2016年から2019年まで多田淳之介率いる〈キラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-F〉に参加。ダンサー、パフォーマーとして、白神ももこ『絵のない絵本』、黒沢美香『6:30 AM』、浅井信好『はてしない物語』、ドドド・モリ『火星婦』、かえるP『スーパースーハー』、三野新『アフターフィルム』、ピチェ・クランチェン『MI(X)G』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019優秀演出家賞二席受賞。

▼演出

中澤陽 なかざわ・あきら
舞台作家、パフォーマー。1992年6月4日生まれ。映像作家として、室伏鴻のアーカイブ映像の制作、中村蓉『リバーサイドホテル』『顔』などの作品に参加。パフォーマーとして、ファビアン・プリオヴィル『THE SOMA PROJECT』、藤田貴大『A-S』、ゆうめい『フェス』『〆』、三野新『アフターフィルム』、ヌトミック『ワナビーエンド』、福井裕孝『デスクトップ・シアター』、ウンゲツィーファ『ロイコクロリディウム』などの作品に参加している。利賀演劇人コンクール2019優秀演出家賞二席受賞。

出演: 古賀友樹、櫻井麻樹、瀧腰教寛、深澤しほ
演出: 小野彩加、中澤陽
制作: 花井瑠奈
保存記録: 植村朔也
協力: プリッシマ、ヌトミック、東京はるかに
製作: スペースノットブランク

かながわ短編演劇アワード2020 演劇コンペティション
◉ステージナタリー|「かながわマグカル演劇フェスティバル」始動、短編演劇と戯曲のアワード開催
◉神奈川県|「かながわ短編演劇アワード2020」「かながわミュージカルアワード2020」の上演団体等が決定しました!

Back to Performances