Spacenotblank

オブジェクト(ワークインプログレス)

物が動かされる時、物は身体の動きに対応する。対応によって生じる動きすなわち振付は普遍的である。普遍的な振付にも新しい動きが隠れている。想像の複数性を原点として、物に身体が動かされる時、身体が物の動きに対応することにより生じる動きを収集する。物を媒介して他者の身体と繋がることで、対象(オブジェクト)は鏡像の自己の身体であると悟るのか。身体の(身体による)カタルシスを身体の外へと異化させようとする新しい進取。

『オブジェクト(ワークインプログレス)』は展示作品です。

製作:小野彩加
インストーラー:中澤陽

標本空間vol.2「遊び場的ワークショップ集」

標本空間vol.2「遊び場的ワークショップ集」

展示
2022年3月17日(木)16:30‐21:30
2022年3月18日(金)11:00‐22:00
2022年3月19日(土)11:00‐21:30
2022年3月20日(日)11:00‐21:30

山吹ファクトリー
〠162-0801 東京都新宿区山吹町341-4 博龍ビル3F
山吹ファクトリーは、空間を遮る柱がなく12.5m×9mほどの長方形スペース全体が見渡せるスタジオです。天井高は2.5m(梁下2.1m)、壁は白を基調とし、床は淡いグレーの真っさらで気持ちの良い空間です。大きな窓が多く、日当たり・風通しも抜群です。

標本空間vol.2「遊び場的ワークショップ集」はいくつかのワークショップを複合したイベントです。参加されるワークショップ内容によりチケット金額が異なります。『オブジェクト(ワークインプログレス)』はワークショップ参加者がワークショップの前後に鑑賞できるほか、ワークショップに参加されない方でも入場料をお支払いいただくことで鑑賞することができます。

ワークショップ一覧+タイムテーブル

各3,000円:『幻の演劇をつくろう!』『結んで、開いて』
各2,000円:『標本会議』『身体感覚の【言語での】共有は可能か?』『元プロ野球私設応援団員と考える応援』『ポーズを着る』『生きることはバラで飾られねばならない?』『展示作品[「私はトランスです」=???]の創作過程を標本する・WS』
U25割:1コマ400円引き

複数コマ参加する場合
3コマ割:合計より500円引き
4コマ割:合計より1,000円引き
6コマ割:合計より2,000円引き
WS8種類コンプリート:15,000円(合計より3,000円お得)

『オブジェクト(ワークインプログレス)』『「私はトランスです」=???(展示)』は、ワークショップの前後や休憩中にお楽しみください。ワークショップに参加せず、こちらのみ鑑賞する場合は入場料500円頂戴いたします。

クレジット
標本空間vol.2「遊び場的ワークショップ集」

製作:小野彩加
インストーラー:中澤陽
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
協力:山吹ファクトリー
主催:有限会社quinada 一般社団法人サンプル 株式会社アプレシア

掲載情報
ステージナタリー
2022年2月16日(水) 松井周の標本室、標本空間第2弾はワークショップ集

Back to Performances