Spacenotblank

サイクル

サイクルは観測のこと。観測は自らのために行なうこと。自らのための行ないが連なり、蓄えられる再生不可能な日日と動きを再生可能なメディアにする。参加者それぞれ約三ヶ月にわたって一日一つの動きを観測している。それらを映像で繋ぎ合わせたものを展示し、身体で繋ぎ合わせたものを上演する。自意識の外部で動きを作品に仕立て上げると「何かになる」のか。ワークインプログレスを標本空間vol.1「無選別標本集」にて発表します。

クリエーションメンバー:小野彩加 つくにうらら 渚まな美

ワークインプログレス

標本空間vol.1「無選別標本集」

開催期間:2021年9月3日(金)- 5日(日)14:00 – 20:30

イベントの詳細はこちらから

新型コロナウイルス感染症対策とご来館される皆さまへのお願い

常設展示:2021年9月3日(金)- 5日(日)14:00 – 20:30

上演:2021年9月3日(金)19:15
※上演時間は約30分を予定しております。

会場:BUoY
〒120-0036 東京都足立区千住仲町49-11

チケットのお申込みはこちらから

標本空間vol.1「無選別標本集」
4,000円(標本カタログ付、送料込み)
※事前に標本カタログをお送りいたします。チケットを1度ご購入されると、3日間何度でもご来場いただけます。
※来場時刻をお選びください。購入時に選んだ会期以外に再入場される場合は、別途予約が必要です。

クリエーションメンバー

小野彩加 おの・あやか
舞台作家、ダンサー。1991年12月30日生まれ。2016年から2019年まで多田淳之介率いる〈キラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-F〉に参加。ダンサー、パフォーマーとして、白神ももこ『絵のない絵本』、黒沢美香『6:30 AM』、浅井信好『はてしない物語』、かえるP『スーパースーハー』、三野新『アフターフィルム』、ピチェ・クランチェン『MI(X)G』、山崎広太『ダンス・スプリント』『ダンステレポーテーション』、ClariS『ClariS 1st 武道館コンサート 〜2つの仮面と失われた太陽〜』『ClariS 3rd HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター ♪over the rainbow 〜虹の彼方に〜♬』などの作品に参加している。

つくにうらら
脚本家、演出家、制作者。1991年12月6日生まれ、神奈川県出身。桜美林大学総合文化学群学群演劇専修卒業。大学在学中より脚本、演出、制作として活動し、主宰する演劇ユニット〈カミグセ〉では全ての公演で脚本・演出を担当する。最近は気分が乗るともぞもぞ準備をし、たまに演劇公演などをする。カミグセ『あのこそのことはないちもんめ』にて、王子小劇場佐藤佐吉賞2015優秀演出賞、優秀衣裳賞を受賞。2014年より演劇・ダンス・音楽等ジャンルを問わず、制作・プロデュース・当日運営を行ない、2017年からは制作・ドラマトゥルクとしてコンテンポラリーダンスカンパニー〈水中めがね∞〉へ加入。

渚まな美 なぎさ・まなみ
俳優。1997年4月21日生まれ。映画美学校アクターズ・コース修了。高校で演劇を始め、現在まで舞台を中心にフリーランスで活動中。女の子には内緒、KOKOO、果てとチークなどに出演。

クレジット

クリエーションメンバー:小野彩加 つくにうらら 渚まな美
製作:小野彩加
主催:有限会社quinada 一般社団法人サンプル 株式会社アプレシア
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京 ARTS for the future!

Back to Performances