Spacenotblank

クローズド・サークル

チケットのお申込みはこちらから

舞台を創作する過程の副産物としてテキストを生じさせるスペースノットブランクのクリエーションに対して、そのテキストたちに適した意味伝達を上演で志す。即ち、クリエーションにプレゼンテーションを最適化する。今回の土台とする作品は、2018年と2019年に制作と上演を行なった『共有するビヘイビア』。過去の舞台に新しい上演形態を適用することで新しい何かを発見できる………かも……。

共有するビヘイビア|作品概要

出演:古賀友樹 鈴鹿通儀
演出:小野彩加 中澤陽

TOKAS OPEN SITE 6

OPEN SITEは、2016年より始まったトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラム。あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、展覧会やパフォーマンス、ワークショップなど、多岐にわたる企画を開催している。6回目となる2021年度は、153企画の応募の中から展示部門4企画、パフォーマンス部門3企画、dot部門2企画を選出。さらにTOKAS推奨プログラムと普及プログラムを加えた合計11企画を実施する。

チケットのお申込みはこちらから

TOKAS OPEN SITE 6

2021年11月19日(金)- 21日(日)

19日(金)19:00
20日(土)13:00 / 17:00
21日(日)14:00
※受付開始及び開場は開演の20分前を予定しております。

トーキョーアーツアンドスペース本郷
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
「御茶ノ水駅」「水道橋駅」「本郷三丁目駅」各駅より徒歩7分

2001年の開館以来、トーキョーアーツアンドスペース事業の発表の場として、展覧会、公演、コンサート、ワークショップなど多岐にわたる活動を行なっている。1928年に建てられ、長く職業訓練校、教育庁庁舎等として使用されていた歴史と趣のある建築を拠点に、同時代的な精神と創造性が発現するプログラムの実施を目指す。

チケットのお申込みはこちらから

前売券 2,900円
当日券 3,500円
※各公演とも定員になり次第、または開始2時間前に予約受付を終了します。当日券の有無はTOKASウェブサイトをご確認ください。
※未就学児はご入場をご遠慮いただいております。
※チケットに関するお問合せは[os6ticket@tokyoartsandspace.jp]まで。

クリエーションメンバー

保存記録
植村朔也 うえむら・さくや
批評家。1998年12月22日、千葉県生まれ。東京はるかに主宰。スペースノットブランクの「保存記録」、小田尚稔の演劇の「広報」を務める。東京大学大学院表象文化論コース修士課程所属。過去の上演作品に『ぷろうざ』がある。

演出
小野彩加 おの・あやか
舞台作家、ダンサー。1991年12月30日生まれ。2016年から2019年まで多田淳之介率いる〈キラリふじみ・リージョナルカンパニーACT-F〉に参加。ダンサー、パフォーマーとして、白神ももこ『絵のない絵本』、黒沢美香『6:30 AM』、浅井信好『はてしない物語』、かえるP『スーパースーハー』、三野新『アフターフィルム』、ピチェ・クランチェン『MI(X)G』、山崎広太『ダンス・スプリント』『ダンステレポーテーション』、ClariS『ClariS 1st 武道館コンサート 〜2つの仮面と失われた太陽〜』『ClariS 3rd HALL CONCERT in 舞浜アンフィシアター ♪over the rainbow 〜虹の彼方に〜♬』などの作品に参加している。

出演
古賀友樹 こが・ゆうき
俳優。1993年9月30日生まれ。〈プリッシマ〉所属。俳優として、ゆうめい『みんな』『弟兄』『巛』、劇団献身『最悪な大人』『幕張の憶測』『死にたい夜の外伝』、シラカン『蜜をそ削ぐ』、劇団スポーツ『すごくうるさい山』『ルースター』、スペースノットブランク『緑のカラー』『ネイティブ』『舞台らしき舞台されど舞台』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『すべては原子で満満ちている』『氷と冬』『本人たち』『フィジカル・カタルシス』『ラブ・ダイアローグ・ナウ』『光の中のアリス(作:松原俊太郎)』『救世主の劇場』『ささやかなさ(作:松原俊太郎)』などの作品に参加している。

出演
鈴鹿通儀 すずか・みちよし
俳優。1990年7月4日生まれ。〈中野成樹+フランケンズ〉への入退団を経て現在フリー。俳優として、中野成樹+フランケンズ『えんげきは今日もドラマをライブするvol.1』、ままごと『あたらしい憲法のはなし』、劇団子供鉅人『夏の夜の夢』、ピンク・リバティ『煙を抱く』、松田正隆『シーサイドタウン』などの作品に参加している。目下の趣味はバックギャモン。

演出
中澤陽 なかざわ・あきら
舞台作家、パフォーマー。1992年6月4日生まれ。映像作家として、室伏鴻のアーカイブ映像の制作、中村蓉『リバーサイドホテル』『顔』などの作品に参加。パフォーマーとして、ファビアン・プリオヴィル『THE SOMA PROJECT』、藤田貴大『A-S』、ゆうめい『フェス』『〆』、三野新『アフターフィルム』、ヌトミック『ワナビーエンド』、福井裕孝『デスクトップ・シアター』、ウンゲツィーファ『ロイコクロリディウム』『Uber Boyz』などの作品に参加している。

制作
花井瑠奈 はない・るな
パフォーマー。1991年8月26日生まれ。2014年から2019年までテーマパークにてさまざまなプログラムに出演。パフォーマーとして、中村蓉『桜ノ森ノ満開ノ下デ』、新聞家『失恋』『遺影』『フードコート』、鳥公園『終わりにする、一人と一人が丘』、ひび『ひびの、A to Z』、ルサンチカ『鞄(作:安部公房)』、スペースノットブランク『ネイティブ』『言葉だけでは満ちたりぬ舞台』『フィジカル・カタルシス』などの作品に参加している。

クレジット

TOKAS OPEN SITE 6
出演:古賀友樹 鈴鹿通儀
演出:小野彩加 中澤陽
保存記録:植村朔也
制作:花井瑠奈
宣伝写真:ダンオゥケ・カールソン
協力:プリッシマ 東京はるかに
助成:公益財団法人セゾン文化財団
企画・製作:スペースノットブランク
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペース

Back to Performances