Spacenotblank

言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.3

近藤千紘 こんどう・ちひろ
1993年11月10日生まれ。ダンサー、俳優。これまでにダンサーとして、DANCE PJ REVO「ハゲワシと少女」「Orange Gravity」、Empty-Kubrick「正午の伝説」、akakilike「シスターコンプレックスシンドローム」などの作品に参加。俳優として、ルサンチカ「春のめざめ」「メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス」、新聞家「白む」、女の子には内緒「光を束ねる」、スペースノットブランク「ネイティブ」「舞台らしき舞台されど舞台」などの作品に参加している。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして出演者を務める。

古賀友樹 こが・ゆうき
1993年9月30日生まれ。俳優。〈プリッシマ〉所属。これまでに俳優として、ゆうめい「みんな」「弟兄」「巛」、劇団献身「最悪な大人」「幕張の憶測」「死にたい夜の外伝」、スペースノットブランク「デーモン・ネーション」「緑のカラー」「共有するビヘイビア」「ラブ・ダイアローグ・ナウ」「ネイティブ」「舞台らしき舞台されど舞台」などの作品に参加している。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして出演者を務める。

山下恵実 やました・めぐみ
1998年7月9日生まれ。演出家。〈ひとごと。〉主宰。
高校卒業後すぐに、こまばアゴラ演劇学校〈無隣館〉三期演出部に所属。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして演出補を務める。


Loop #1

近藤千紘
本格的な稽古の前に2日間ワークショップをした。
みんなには久しぶりに会えて嬉しかったし、古賀くんがパーマあててたし、わたしは髪の毛を切っていた。途中で聞いたお海苔の専門店の話を聞いて絶対合羽橋行くぞと思った。そしてその4日後くらいに本当に行って海苔買った。
とにかく今は新しい何かに出会いたくて、みんなの話を聞くといろんなことをしたくなるし、真似もしたくなる。今は和菓子作りしたい。教えて欲しい。

古賀友樹
ここにクックパッドの和菓子特集のURLを一旦載せたのだが、消した。書いて消したという事実だけが残った。嘘かもしれない。
クリエーションはお互いがお互いに作用し合う。作品はその集合知と言うべきか。誰かが和菓子の話をしたらいつのまに頭の中は和菓子になって、和菓子がクリエーションに紛れ込み、作品は和菓子に侵食されるであろう。でも和菓子舞台っていいかもしれないですね。いやなにおいとかしなさそう。ただ、粉っぽい感じはしますよね。「わかる〜」。

山下恵実
私は弾力がすごそうだなって思いました。和菓子演劇。
で、こういうことが稽古場でも起こっていて、粉っぽいって思う人もいれば、もちみたいなのをイメージする人もいる、みたいな。昨日の稽古で対立する意見が出た時の展開はちょっとアツかったな。
あと、中学生の頃のこととか思い出したりしてます。稽古みながら。それで、舞台上で起きてることが色んな人のこれまでとか、思考とかの断片とコネクトして、すごい大きい世界まで飛んでいったらいいなとかちょっと思いました。大きい世界ってなんか宇宙を想像しちゃう。短絡的?


下北沢にて|五右衛門も、植木にまでは、手をださず。


Loop #2

近藤千紘
宇宙で思い出したんだけど、1月のワークショップで1時間だけ各々自由に外に出て、いろんなものと出会って、写真を撮って戻ってくるみたいなことをやって、そのときに「宇宙に行って戻ってきて写真は地球を撮りました」みたいな人がいたらいいのにって思ったことを思い出した。わたしからしたらみんな変わってるし、気持ちが全く一緒人間っていないから、そういう人たちの話を聞くと全て新鮮だし、でもわたし難しい言葉とかわからないから時々「?」ってなってわたしがどこかへ飛んで行くときある。ギャラクシー羊羹作ろうって思う。

古賀友樹
確かに宇宙に行ってきました、って言ってくれたら嬉しいですね。本当かどうかはさておいて、こちらは勝手に楽しい気分になるから良いと思います。でも10人いて、10人が10人とも宇宙に行ってきました、と言ってきたら僕はその人達を受け入れられないかもしれない。それぞれが自由意思で判断したのであれば間違いはないのだけど、とても大きな何かを嫌でも意識してしまう。
同じ行動であったとしても、意識してやるか無意識でやるかで強度は違ってくる。うまくはまとまらないのだけど、自分という存在は、自分の要素と他人の要素を混ぜ合わせた何かだっていうことです。自分は喋ってるのか、相手に喋らせられているのか、みたいなよくあるやつです。

山下恵実
自分で喋るよりも、喋らされてる方が楽だし、考えるより流される方が楽だし、Netflixみるより眠る方が楽。
でも楽と楽しいは、漢字同じだけど結構違うって思うし、そう信じたい。10人みんなが宇宙に行ったらって話読んでそう思った。
最近のリハーサルも、からだとか、言葉とか、意識とか、いろいろ考えなきゃいけなくて、大変そう。たぶん、私はうまくできないと思う。でも見てて楽しいし、体が動き出したいって言ってる時とかあるし、やってみたらいろんな発見がありそう。
こんなこと言っておきながら毎朝起きれない、ごめん、もうちょっとって二度寝してる。眠るのは楽しくはないけど、楽だし、幸せ。


下北沢にて|白いチェーンに縛られた黄色いポール。


Loop #3

近藤千紘
わたしも寝たい。昨日、二度寝して1時間45分の遅刻をした。それはあかん。
悩んでることがあっても寝たら忘れるというか寝たらどうでもよくなるみたいなことある。そういうののためにも寝てる。だから昨日の二度寝の失敗は寝て忘れた。でもセリフとかは寝て覚えるみたいなのもある。寝るってすごい。稽古見ててこれ夢なんかなって思うときある。夢ってよくわからないし、ぶっ飛んでる時あるし、でも頭の中がゴロゴロ出てきちゃってるんだろうなあって。そういうのが今回の稽古場でいっぱいある。気がする。まだまだ制作途中だけど今回の作品絶対面白いだろうなぁって思う。見てると内側を刺激される感じ。そういうのってこわいけどな。

古賀友樹
上手く言葉に出来ない、当てはめることが出来ないことがよくあります。「なんだかよくわからないけどおもしろい」こいつが本当に困ったやつです。もう少しで言語化出来そうなんだけど、まあいっか。…これ、夢を見てすぐ忘れることとよく似ていません? 確かに今、目の前を何かが通過した。僕らはついついこれが何者かをつきとめようとするけれど、正体はわからないままでいいのかもしれない。1人だけが正解を知っているより、10人が何かいたよね、そうだよねと言い合ってる方が意味がある気がする。1人がそいつを手懐けるより、10人の頭の中でぼんやりとその輪郭を思い浮かべたら、いつかとんでもないモンスターが生まれるかもしれません。
今回のスローガン、イズ、正しさというまやかしに打ち勝つ勇気を持ちたい、です。

山下恵実
パクチー初めて食べた時に、この三つ葉おいしい、って言ってちょっと恥ずかしい思いをしたことがある私ですが、どっちにしろおいしかったっていうことに変わりはないですよね? ないと思っています、私は。
大勢の正しいとか、立場が上の人の正しいは強くて、惑わされがちだけど、人の正しいにビビったり頼ったりしないで、自分がしっくりくる答えを自分で見つけられたらいい。
これは、この作品つくっていく中でも何回も聞いてる言葉で、本当にそうだと思う。
みんなその難しさと戦ってるし、この先も戦っていってほしい。出演者たちも、お客さんも、わたしも、みんな。そんな感じです。


下北沢にて|ワークエイトアワーズ。スリープエイトアワーズ。プレイエイトアワーズ。


第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19
スペースノットブランク
言葉だけでは満ちたりぬ舞台
2019年3月1日(金) ~ 3月3日(日)
北沢タウンホール

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|ステートメント
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|予約フォーム

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.1
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.2

クリエーションメンバー|近藤千紘 古賀友樹 山下恵実

言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.2

古賀友樹 こが・ゆうき
1993年9月30日生まれ。俳優。〈プリッシマ〉所属。これまでに俳優として、ゆうめい「みんな」「弟兄」「巛」、劇団献身「最悪な大人」「幕張の憶測」「死にたい夜の外伝」、スペースノットブランク「デーモン・ネーション」「緑のカラー」「共有するビヘイビア」「ラブ・ダイアローグ・ナウ」「ネイティブ」「舞台らしき舞台されど舞台」などの作品に参加している。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして出演者を務める。


年越しは大学の先輩の家で迎えました。大人数で過ごしたのはほぼ初めてで、福岡にいた頃は家族と過ごしたりなんだりしたけども。東京に来てからはそういういわゆる大学生っぽい年越しはしてこなかった。もう大学生じゃないけども。
ベタに初詣の列に並んだり、年賀状の仕分けのアルバイトをしていたらいつの間にか歳を越していたり、いつもそんなもんです、いつもは。だから今年は特別感がありました。嬉しかったな~。世間一般の若者達はいつもこういう感じなのかな。
みんなで年越し蕎麦を食べて、ゲームして遊んで、改め直して新年の挨拶、緩やかに近くの小さな神社に初詣に向かって、寒い寒い、とか。帰ってきてまたゲームしたり、眠くなった人は寝て、とかね。みんなやってきたのかな。僕は初めてやりました。うっかり感動してしまいました。
その場には猫がいて、とても人懐っこくて、こんなに猫ちゃんと触れ合ったのも生まれて初めて。初めての経験がこんなに重なっていいのかな。いいのか。こういうのは怒涛にやってくるもんだと思ってます。猫カフェに一回だけ行ったことがあって、そんな時よりも遥かに猫成分を摂取出来ました。
朝のお笑い番組まで起きてようと頑張ったけど、結局寝ちゃって。お餅を二つ食べて、お昼前には帰りました。そこから家でゆっくり寝ました。それでおしまいです。お正月らしいことはそれくらいしかやってないですけど、十二分に堪能させていただきました。
その様子をいくつかの写真でお見せできればと思ったのですが、人にはプライバシーというものがありまして、いやもちろんちゃんと確認を取れば良かったのですが、面倒くさがりの性格が今の今まで発動してしまい、結局連絡を取ることはありませんでした。ですので、プライバシーに考慮したバージョンの写真をいくつかお見せしたいと思います。この手間を考えれば、普通に連絡した方が早いのは明らかなんですけど、なんなんでしょうね。ホンマやで。



古賀友樹|猫。他人の背中でくつろぐ。


古賀友樹|猫。膝の上に出会って10分で乗る。


古賀友樹|2018年。来たるべき2019年に向けてみんなで年越し蕎麦を食べる。


近藤千紘 こんどう・ちひろ
1993年11月10日生まれ。ダンサー、俳優。これまでにダンサーとして、DANCE PJ REVO「ハゲワシと少女」「Orange Gravity」、Empty-Kubrick「正午の伝説」、akakilike「シスターコンプレックスシンドローム」などの作品に参加。俳優として、ルサンチカ「春のめざめ」「メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス」、新聞家「白む」、女の子には内緒「光を束ねる」、スペースノットブランク「ネイティブ」「舞台らしき舞台されど舞台」などの作品に参加している。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして出演者を務める。


「飛行機と心の声」
わたしは徳島県が地元だ。
年に3回くらい帰ることにしている。


近藤千紘|12歳。徳島市中常三島町のマンション11階で初めての阿波おどり。

そして、この文章を書いている今は徳島にいる。今は徳島阿波おどり空港で羽田行きの飛行機を待っているところ。ほんと東京戻りたくないってなっている心情。あ、今飛行機が来たらしい乗らなくちゃ。飛行機ってなんであんな大きいのに飛べるんじゃろ。怖。


近藤千紘|25歳。阿波おどり空港で初めての阿波おどり。

今飛行機に乗り込んだ。「43A」3回くらい確認して座ったけん絶対大丈夫。慣れてないけん席間違えただけでパニクる。ほんまに飛行機は怖い。ほんで東京も怖い。昔は都会に憧れてた。東京に行けば誰でもスターになれるや思っとった。
あ、今飛行機のドアが閉まったらしい。動き出す。今、この瞬間は徳島にいる。もう少しで浮く。今は徳島におる!おるんじょ!


わたしの家族、お母さんとお父さんは徳島にいる。愛している徳島に愛している両親がいる。最高で最強の場所があるということがわたしは恵まれているなあと思う。
飛行機が動き出した。心の準備できてないよ~やめてよ~怖いよ~。
わたしは飛行機が苦手だ。地に足を付けていたいタイプ。高所恐怖症には厳しい高さ。でも窓側がいい矛盾。


飛んだ。


徳島の輪郭が見えてくる。わたしは今どこにもいない。全ては機長と飛行機にかかってる。そう思うたび機長に恋してしまいそうになる。意味が本当に分からん感情。
四国の輪郭が見えてきた。寂しい。徳島から東京に戻る飛行機で泣かんかったん初めてかも。
今、シートベルトのライトが消えた。
機内ではイヤフォンから平井堅の音楽が聞こえる。しんみりして泣きそうやんか!
今、わたしは空にいる。楽しかった思い出と共に東京へ帰って、また制作が始まる。
わたしのやりたいことをするには東京じゃないとできない。だから、東京へ戻る。仕方ない。やりたいことがあってそれには勝てないのかねえ。自分のことだけどわからない。
とかなんとか思いながら空。


どこの上を飛んびょんかもわからん今。
でもまだ徳島県には届く距離だろう。


「もう少しやりたいことをやらせてもらいまーーーーーす!大好きなのは徳島やから!忘れんけんな!またちゃんと帰ってくるけんねーーーーー!」


近藤千紘|誕生日。渋谷で初めての阿波おどり。


山下恵実 やました・めぐみ
1998年7月9日生まれ。演出家。〈ひとごと。〉主宰。
高校卒業後すぐに、こまばアゴラ演劇学校〈無隣館〉三期演出部に所属。
「言葉だけでは満ちたりぬ舞台」では、クリエーションメンバーとして演出補を務める。


イスラエルにいます。
2019年1月5日午後9時17分。今。
ということで、あけましておめでとうございます。
も、ろくに言わぬまま、1月3日に日本を飛び出し香港経由してイスラエルに来ました、というのが一昨日1月4日金曜日。

早朝空港着で、厳しいと聞いて覚悟していた入国審査が思いのほかスムーズに終わって暇を持て余してしまったのでカフェで時間を潰し、交通機関が動き出した頃にバスを乗り継いでテルアビブに。乗るバスがわからなくて困っていたらお兄さんが目的地まで連れて行ってくれました。イスラエルの人、やさしい。

そんなこんな(?)で初中東、初ひとり海外、プラス肩も心もガチガチだけど、目的はダンス、ダンス、ダンスなのでしなやかにストレッチとマッサージで全身をほぐし、いざ Batsheva Dance Company のオーディションへ。
筋肉、呼吸、視線、意識、などなどなどなど、ありとあらゆる感覚の窓と毛穴を開いた数時間。たぶん大体2時間半。


山下恵実|Suzanne Dellal Centre で踊る。

たくさん動かしたおかげで肩のコリは全部何処かへ消えました。荒治療。
とはいえ空の旅から休む暇なく身体と想像の旅に出たのでヘトヘト。早く宿で寝たい、寝たい、寝たい、って感じで4日はおわり。
そして今日、5日も引き続きダンスな1日。頭、頭、頭でっかちなダンスはしたくないし、観たくない。身体と心と外側と対話しながら丁寧に、かつ直感的に、頭に支配されないトレーニングは毎日続けていかねばなあー。とか考えました。


山下恵実|ヤッファ旧市街でユリゲラーミュージアムを見つける。

で、そのあとは海やら、ヤッファの旧市街やら、ふらふら歩いたり名物ファラフェル(ピタパンに豆のコロッケみたいなのが挟まってる)を食べたり、イスラエルの空気を楽しんだりしました。
明日は何もないので観光します。市場に行く予定。本当は死海に行きたい。


山下恵実|カルメル市場でスパイスと出会う

ということで、ダンス修行のための3泊6日の旅はもうすぐおわりです。
また近いうちに来るかも、意外と飛行機安いし、パンは美味しいし。人も優しいし。何より観たいし体験したいダンスカンパニーがまだまだ沢山あるし。
とかとか思いながら、早くおにぎりが食べたいです。いくらおにぎり。あとうどん。


第29回下北沢演劇祭|コード・コード・コード ’19
スペースノットブランク
言葉だけでは満ちたりぬ舞台
2019年3月1日(金) ~ 3月3日(日)
北沢タウンホール

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|作品概要
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|ステートメント
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|予約フォーム

◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.1
◉言葉だけでは満ちたりぬ舞台|クリエーションメンバーによる制作雑記「クリエーションボンバー」Vol.3

クリエーションメンバー|古賀友樹 近藤千紘 山下恵実